サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内 コレガダイレクトショッピング
 ●ダウンロード  ●重要なお知らせ  ●各種マニュアル ●よくあるお問い合わせ  ●保証・サポート窓口  ●ユーザー登録
HOMEサポート情報ダウンロードブロードバンドルータ > corega BAR SW-4P Pro ファームウェアダウンロード
 
corega BAR SW-4P Pro ファームウェアダウンロード

こちらで公開しておりますファームウェアアップデータをルータにインストールしファームウェアを更新することにより、 様々な機能の追加やアップグレード、問題点の修正を行うことができます。以下の注意をよくお読みになってアップデートを行ってください。

ファームウェアアップデートにおけるご注意
ファームウェアのアップデート中は絶対に本体の電源を落とさないでください。最悪の場合、ルータが起動できなくなり、使用できなくなってしまう場合があります。
ファームウェアのアップデートは、必ずネットワーク管理者に相談してから実行してください。また、ファームウェアのアップデート中はルータとの通信ができなくなりますので、通信を行っているユーザーに対して、あらかじめ通信ができなくなることを知らせてからファームウェアのアップデートを実行してください。
ルータの動作を安定させるためにファームウェア更新後は必ずリセットボタンによる工場出荷状態への初期化を行ってください。また、初期化を行うと内部機能が変更されるため、設定値が消去されます。
このファームウェアは「corega BAR SW-4P Pro」専用です。「corega BAR SW-4P」など他の製品にインストールすると、製品が動作できなくなりますのでご注意ください。誤った製品にアップデータをインストールした場合のトラブルについては、コレガではサポートいたしかねます。
 
   
corega BAR SW-4P Pro
corega BAR SW-4P
×

corega BAR SW-4P Proを
ご使用のお客様は
下記のファームウェアで
アップデートできます。

corega BAR SW-4Pを
ご使用のお客様は
下記のファームウェアは
使用できません。
こちらをご利用ください。


公開日 2003/10/17
バージョン Ver1.01(BAR Pro2/BAR SW-4P Pro共通バージョン)
ファイル

barpro2_fw101.bin (478KB)

備考

・本ファームウェアはBAR Pro2/BAR SW-4P Pro両機種共通ファームウェアです。
・ファイルは圧縮されていないのでファームウェアをアップデートする際に、ダウンロードしたファイルを直接指定してください。
・ご使用になる前に「corega BAR Pro2 取扱説明書」をご覧ください。
・本ファームウェアをインストールすることにより「corega BAR Pro2」と同等の機能を搭載することが可能です。



更新履歴(BAR Pro2/BAR SW-4P Pro 共通バージョン)
Ver 1.01 ・パケットフィルタリング(IPルールとポートルール)の設定数とU/Iの変更。登録MAX 15(15以上登録しようとするとエラーメッセージが表示される)
・Port Scan site "www.sygatetech.com" でPort "12345" が"Closed"で表示されるので、"Blocked" で表示されるように修正
・FTP ServerがPPPoE(MTU:1454)でFTP ClientがDHCP(MTU:1500)で接続されて いる場合にファイルのUP loadができない不具合を修正
・DMZでNet Meetingが使用できるように修正
・5.PPPoEのユーザー名に"#"を使用できるように修正
 また、使用できない記号を入力した際にエラーメッセージが表示されるように修正
・DDNSで同じIPを再取得した際に更新をしないように修正
・NTPサーバの混雑を避ける為、複数のサーバに分散させるように修正
Ver 1.00 ・UPnP(ユニバーサル プラグアンドプレイ)に対応しました。
・SPI(ステートフル・パケット・インスペクション)機能に対応しました。
・VPNパススルー(PPTP/IPSec/L2TP)機能に対応しました。
・ダイナミックルーティング(RIP)に対応しました。
・ダイナミックDNSに対応しました。
・システム情報とDoSアタックのログ機能を搭載しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

公開日 -
バージョン Ver1.11(BAR SW-4P Pro 旧バージョン)
ファイル

barprofw111.bin (312KB)

備考

・ファイルは圧縮されていないのでファームウェアをアップデートする際に、ダウンロードしたファイルを直接指定してください。
・ ※ご使用になる前に「Ver1.11追加機能について」をご覧ください。


公開日 -
バージョン Ver1.01(BAR SW-4P Pro 旧バージョン)
ファイル

barprofw101.bin (312KB)

備考

・ファイルは圧縮されていないのでファームウェアをアップデートする際に、ダウンロードしたファイルを直接指定してください。



更新履歴(BAR SW-4P Pro 旧バージョン)
Ver 1.11 ・Ver1.10で発生したバーチャルサーバ機能においての問題を解決しました。
Ver 1.10 ・プロバイダーから配布された複数のグローバルIPアドレスをBAR SW-4Pに接続した各端末で使用する「Unnumbered IP」機能を搭載しました。
・複数のグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスを同時に使用できる「Unnumbered IP + Private IP」機能を搭載しました。
・ポート番号を範囲で指定できる「機能拡張版バーチャルサーバ」機能を搭載しました。
・WAN側設定の「ローカルオフィス」モードにて、DNSが設定可能になりました。
・パケットフィルタリングの「IPルール」機能の仕様を変更しました。
・βバージョンで確認された不具合の修正を行いました。
詳しくは「corega BAR SW-4P Pro 追加機能について」をご覧ください。
Ver 1.01 ・●FTPなどで長時間データの送受信をしていると途中で強制切断される問題を修正しました。IPマスカレードテーブルの保持時間を10分から300分に設定できます。大容量ファイルのダウンロードなど長時間データの送受信を行う際に変更を行ってください。なお、保持時間の長時間設定は本体に内蔵するメモリを大幅に消費する恐れがあり、新たに接続したパソコンがインターネットに接続できなくなったり、本体の動作が不安定になることがありますので、必要なときのみ変更を行ってください。
・WAN側からのPingに対して応答を返さなくし、不正アクセスを防止する「ステルスモード」を追加しました。
詳しくは「設定マニュアル」をご覧ください。
・PPPoEのネゴシエーション方法を変更しました。
Ver 1.00 初版
 
     
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ