サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内 コレガダイレクトショッピング
  ●ニュースリリース  ●動作検証表  ●最新OS対応情報  ●導入ナビゲーション
HOME商品情報最新OS対応情報 > Windows CE 対応情報
コンパクトフラッシュ型LANアダプタ、モデムカードのWindows CE対応について
■Windows CE3.0(Pocket PC/Handheld PC 2000)で動作確認がとれているコンパクトフラッシュ製品
Ether CF-TD (10BASE-T LANアダプタ) Windows CE標準のドライバを使用するため、カードをPpcket PC、H/PC本体のコンパクトフラッシュカードスロット(Type I、II )に装着するだけで使用可能です。
CF-M56D(56K対応モデムカード)
Wireless LAN CF-11(無線LANアダプタ) コンパクトフラッシュカードスロット(Type II)に接続します。Type I スロットには接続できません。また、製品に添付されているCD-ROMに収録されたドライバをPocket PC、H/PCにインストールする必要があります。インストールにはPocket PC、H/PCに接続できるWindows PCが必要です。
※すべてコンパクトフラッシュ型のため、コンパクトフラッシュカードスロットのないPocket PC、H/PCには使用できません。
※この他のOS(Windows CE 2.1(H/PC Pro3.0)、Palm OS、Zaurusなど)が搭載されているPDA等では動作確認されておりません。これらのOSでの動作はサポート対象外とさせていただきます。
動作実績のある機種
・COMPAQ iPAQ H3630
・TOSHIBA GENIO-e 550
・NEC Mobile Gear II MC/R450
・NTT DoCoMo Sigmarion II
・CASIO CASSIOPEIA E-750

・CASIO CASSIOPEIA l'agenda BE-500
※Ether CF-TD、CF-M56Dのみ動作確認済
 
PCカード型LANアダプタのWindows CE対応について
ハンドヘルド・コンピュータ(以下 H/PC)のOS「Windows CE」はVer2.0よりLANをサポートしています。LANを利用すれば、アプリケーションのインストールやデスクトップ PC などとの同期処理による最新のデータ共有が、ネットワークを経由して高速に行うことが可能になります。標準のRS-232Cによるシリアル接続や赤外線ポートによる通信では、最大でも115.2Kbpsの速度しか得られませんが、LANは約10倍の10Mbpsの速度を誇ります。
■Windows CE 2.1 (H/PC Pro3.0)、2.0で動作確認がとれているPC Card型 LANアダプタ
Ether PCC-TD (10BASE-T対応 PC Card Standard LAN アダプタ)
Ether II PCC-T (10BASE-T対応 PC Card Standard LAN アダプタ)
Ether PCC-T 販売終了 (10BASE-T対応 PC Card Standard LAN アダプタ)

※すべてPCカード型のため、PCカードスロットのないH/PCには使用できません。
■Windows CE 2.1 (H/PC Pro3.0)のとき
動作実績のある機種
・COMPAQ IPAQ Pocket PC H3630
・SHARP Telios HC-AJ1
・NEC Mobile Gear II MC-520
LANアダプタをH/PCのPCカードスロットに装着するだけで動作可能です。
■Windows CE 2.0のとき
動作実績のある機種
・CASIO CASSIOPEIA V-55A
・NEC Mobile Gear II MC-300
・NEC Mobile Gear II MC-500
・日立 PERSONA HPW-200JC
Windows CE2.0付属のCD-ROMから「NE2000互換ドライバ」のファイルをH/PCにコピーすることで動作が可能です。

以下にドライバコピーの方法をご紹介します。
なおファイルのコピーには、CD-ROMの読み込みができるドライブ
RS-232(シリアル)コネクタを搭載したWindowsパソコンが必要です。
ドライバコピーの方法
1. 使用しているH/PCに付属のCD-ROM中の[Ethernet components for Microsoft Windows CE 2.0] ディレクトリで、H/PCのプロセッサの種類に対応するフォルダを探します。プロセッサの種類は、H/PC のコントロールパネルの [システム]アイコンをダブルタップして表示される [システムのプロパティ] の [プロセッサの種類] に表示されています。
2. H/PC をシリアル・ケーブルで PC に接続します。
3. フォルダ中の4個のファイル(arp.dll,dhcp.dll,ndis.dll,ne2000.dll,network.cpl)を H/PC の ¥Windows にコピーします。
4. H/PC を PC から切り離し、ウォームリセットを実行します。
5. 「PCカードが検出されました」とのダイアログボックスが表示されたら、「はい」をスタイラス(ペン)タップ(クリック)してください。
6. LANアダプタをH/PCのPCカードスロットに挿入します。カードを初めて挿入するときは、「認識されなかったPCカードアダプタ」とのダイアログボックスが表示されますので、「NE2000」と入力し、「OK」ボタンをタップします。
7. デフォルトでは、DHCPによる IPアドレスの自動割当になっておりますので、明示的に割付を行う場合は、「コントロールパネル」の中の「ネットワーク」をダブルタップして選択し、「NE2000 Compatible Ethernet Driver」をタップし、「プロパティ」ボタンをタップします。 「IPアドレス」と「ネームサーバ」のアドレスを入力して、「OK」ボタンをタップして、ウィンドウを閉じます。
8. 電源を切り、カードを一旦取り外した後に再度挿入することにより、ネットワークが使用できるようになります。
9. 試しに、デスクトップ PC から H/PC に対してPingコマンドによる通信試験を行ってみてください。以下のような結果が得られれば、通信は正常に行われています。
C:¥WINDOWS>ping 192.168.1.1

Ping 192.168.1.1 with 32 byte of data:
Reply from 192.168.1.1:bytes=32 time=7ms TTL=32
Reply from 192.168.1.1:bytes=32 time=3ms TTL=32
Reply from 192.168.1.1:bytes=32 time=3ms TTL=32
Reply from 192.168.1.1:bytes=32 time=3ms TTL=32
*おことわり*
コレガでは、WindowsCEのネットワーク機能の動作保証、
トラブルに関する責任は一切負いません。予めご了承ください。
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ