コレガダイレクトショッピング
サイトマップ
   
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内 コレガダイレクトショッピング
  ●ニュースリリース  ●動作検証表  ●最新OS対応情報  ●導入ナビゲーション
HOME商品情報最新OS対応情報 > UNIX(Linux、FREE BSD 他) 対応情報
ディストリビューション別Linux設定例
Card Bus CG-LACBGTR CG-WLCB54AG2 CG-WLCB54GS CG-WLCB54GL
CG-WLCB54GTU2 CG-WLCB54GL2    
USB CG-WLUSB2GS CG-WLUSB2GTST CG-WLUSB2GL  
PCI CG-LAPCIGTR CG-WLPCI54AG2 CG-WLPCI54GL  
Linux動作確認ディストリビューション
Vine 3.2 Kernel 2.4.31-0vl1.12
Fedora Core4 Kernel 2.6.11-1.1833
kernel-develとkernel Soucre(src.rpm)が必要になります。
src.rpmをインストールし、
/usr/src/redhat/SPECSにて、[rpmbuild -ba kernel-2.6.spec]
を実行し、/usr/src/redhat/BUILD配下に作成されたソース
を使ってください。
Turbo Linux 10 Kernel 2.6.0-24
Plamo 4.03 Kernel 2.4.30
コレガコンフィグファイルダウンロード corega-1-4.i386.rpm
CG-LACBGTR (RTL8169SBL-HS-LF)
1) Vine 3.2(Vine 3.1)
* Kernel 2.4.31-0vl1.12
a) Kernel-sources , kernel-headersをインストールしていること
インストールしていない場合は、apt-get等でインストール
Ex: apt-get update
apt-get install kernel-sources kernel-headers
b) RTL8169用ドライバを入手
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloads.aspx
にて、RTL8169をキーワード検索し、Unix(Linux)用の
Linux driver for kernel 2.4.x and 2.6.x
から入手する。(2006.07.21現在 r1000-linux(103).zipが最新)
c) 入手した[r1000-linux(103).zip]を解凍する。
unzip r1000-linux(103).zip
d)解凍後、r1000というディレクトリ配下に展開されるので、その
ディレクトリ配下でコンパイルする。
この時は必ずroot権限で実行すること
cd r1000
make clean modules
e) 完成したドライバをインストールする。
make install
depmod -ae
f) マシンを再起動する
g) 起動j時に自動認識されます。
h) ネットワークの設定を行います。

2) Turbo Linux 10
* kernel 2.6.0-24
r1000のドライバは使わずに、Kernel標準のr8169にて認識
a) カードを挿入
b) 自動認識
c) 確認
cardctl ident
d) ネットワークの設定を行います。

3) Plamo 4.03
Kernel 2.4.31
r1000のドライバは使わずに、Kernel標準のr8169にて認識
a) カードを挿入
b) modprobe r8169
c) ネットワークの設定を行います。
* r1000のドライバを利用するとKernel Panicするため、利用してはいけない

4) RedHat 9.0
kernel 2.4.20
r1000のドライバは使わずに、Kernel標準のr8169にて認識
a) カードを挿入
b) modprobe r8169
c) ネットワークの設定を行います。
* r1000のドライバを利用するとKernel Panicするため、利用してはいけない

5) Fedora Core 4
kernel 2.6.17
r1000のドライバは使わずに、Kernel標準のr8169にて認識
a) カードを挿入
b) modprobe r8169
c) ネットワークの設定を行います。
CG-WLCB54GS(Athros AR2414) Driver madwifi-ng
0) Common
a. FTP Download
http://snapshots.madwifi.org/
b. tarで展開
tar xvfz madwifi-ng-current.tar.gz
c. su -
d. make
e. make install

1) Vine 3.2
a. CoregaのConfigファイルをインストール
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LAN の設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

2) Fedora Core 4
a. Corega のConfigファイルをインストール
b. Wireless LANの設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

3) Turbo Linux 10
a. CoregaのConfigファイルをインストール
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LANの設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

4) Plamo
a. CoregaのConfigファイルをインストール
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LANの設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0
CG-WLCB54GL
0) Common
a. FTP Download
http://sourceforge.net/projects/rt2400
CVSよりダウンロード
下記ファイルを提供します。
b. tar xvfz rt2x00-cvs-current.tar.gz
c. cd rt2400/source/rt2500/Module
d. make KERNELPATH=xxxxxx
Fedora : /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.15/linux-2.6.15
Etc : /usr/src/linux
e. make install
depmod -ae
f. cd ../Utility
g. qmake -o Makefile raconfig2500.pro
h. make
i. cp RaConfig2500 /usr/local/bin

1) Vine 3.2
a. rpm install (pcmcia Config)
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
c. RaConfig2500
d. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

2) Fedora Core 4
a. rpm install (pcmcia Config)
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx
c. RaConfig2500
d. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

3) Turbo Linux 10
a. rpm install (pcmcia Config)
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LANの設定
modprobe rt2500
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

4) Plamo
* Utilityをコンパイルする際、qmakeは、/usr/lib/qt/bin/qmake
となります。
* qtのライブラリは/usr/lib/qt/libですので、/etc/ld.so.conf内に
登録されていない場合は登録してください。
* UtilityのRaConfig2500を使えなくても動作します。
a. rpm install (pcmcia Config)
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
c. RaConfig2500
d. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0
CG-WLCB54AG2 Driver madwifi-ng
0) Common
a. FTP Download
http://snapshots.madwifi.org/
b. tarで展開
tar xvfz madwifi-ng-current.tar.gz
c. su -
d. make
e. make install

1) Vine 3.2
a. CoregaのConfigファイル Install
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LAN の設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

2) Fedora Core 4
a. CoregaのConfigファイル Install
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LAN の設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

3) Turbo Linux 10
a. CoregaのConfigファイル Install
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LAN の設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0
4) Plamo
a. CoregaのConfigファイルをインストール
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Wireless LANの設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0
CG-WLCB54GTU2
0) Common
特になし

2) Vine 3.2
Kernel標準の Prism54 Driverを使用
a. Firmwareファイルのコピー
cp isl3890 /usr/lib/murasaki/firmware.d/
b. Wireless LANの設定
iwconfig eth1 essid "xxxx"
c. networkの設定
ifconfig eth1 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev eth1

3) Fedora Core 4
Kernel標準の Prism54 Driverを使用
a. Firmwareファイルのコピー
cp isl3890 /lib/firmware/
b. Wireless LANの設定
iwconfig eth1 essid "xxxx"
c. networkの設定
ifconfig eth1 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev eth1


4) Turbo Linux 10
Kernel標準のprism54 Driver
a. Firmwareファイルのコピー
cp isl3890 /usr/lib/murasaki/firmware.d/
b. Wireless LANの設定
iwconfig eth1 essid "xxxx"
c. networkの設定
ifconfig eth1 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev eth1

5) Plamo
a. CoregaのConfigファイルをインストール
rpm -ivh corega-1.4.i386.rpm
b. Kernel標準でサポートされていないため、Kernelを再構築します。
cd /usr/src/linux
make {config|menuconfig|xconfig}
network -> Wireless LAN(non-hamradio) の最下行の
[Intersil Prism GT/Duette/Indigo PCI/PCMCIA]をModuleします。
make dep
make modules
make modules_install
depmod -ae
c. Firmwareのコピー
cp isl38990 /usr/lib/murasaki/firmware.d/
d. Wireless LANの設定
iwconfig eth1 essid "xxx"
e. networkの設定
ifconfig eth1 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev eth1
CG-WLCB54GL2(Ra-Link RT2561)
0) Common
a. FTP Download
http://sourceforge.net/projects/rt2400
CVSよりダウンロード
下記ファイルを提供します。
b. tar xvfz rt2x00-cvs-current.tar.gz
c. cd rt2400/source/rt2500/Module
d. make KERNELPATH=xxxxxx
Fedora : /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.15/linux-2.6.15
Etc : /usr/src/linux
e. make install
depmod -ae
f. ディレクトリを作成
mkdir /etc/Wireless/RT61STA
g. rt2516.binを入手し、コピー
Windows Driverを展開し、コピー
cp rt2516.bin /etc/Wireless/RT61STA/
h. rt61sta.datをコピー
cp rt61sta.dat /etc/Wireless/RT61STA/
i. rt61sta.datを編集
NetworkType=Infra
Channel=0 : Auto
AuthMode=OPEN
EncryptType=NONE

* NetworkType
Infra : Infrastructure Mode
Adhoc : AD-Hoc Mode
* AuthMode
OPEN : Open System , SHARED : shared Key
WEPAUTO : Auto Switch between OPEN and SHARED
WPAPSK : WPA pre-shreed key(Infra)
WPA2PSK : WPA2 pre-shared key(Infra)
WPANONE : WPA pre-shared key(Ad-Hoc)
* EncryptType
NONE : AuthMode = NONE
WEP : AuthMode = OPEN or SHARED
TKIP : AuthMode = WPAPSK or WPA2PSK
AES : AuthMode = WPAPSK or WPA2PSK

1) Vine 3.2
a. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
b. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

2) Fedora Core 4
a. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
b. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

3) Turbo Linux 10
Kernel 2.6.0未対応

4) Plamo
a. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
b. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0
CG-WLUSB2GL
WLUSB2GLはRaLink社製 RT75系のチップを使った IEEE802.11bg無線LANです。
Linux上で動作させるには、以下の手順でコンパイルします。

1.構築方法
1) 使っているディストリビューションのKernelバージョン確認
uname -a
2) Kernelソースがインストールされているか確認
通常は[/usr/src]配下にありますので、確認します。
また、RedHat系(RedHat,Fedora,CentOS,Vine)の場合は、rpmコマンドにて
確認します。
[rpm -qa|grep kernel]
3) Kernelソースがインストールされていれば、kernelのconfigが行われているか
確認します。
configs配下に存在する場合があります。
4) ドライバを入手します。
usb2gl.tar.gz(ここからダウンロード)
5) 圧縮されていますので、展開します。
tar xvfz usb2gl.tar.gz
[RT73_Linux_STA_Drv1.0.4.0_corega]というディレクトリ配下に展開
されます。
6) コンパイル
cd RT63_Linux_STA_Drv1.0.4.0_corega
cd Module
a. Kernel 2.4の場合
cp Makefile.4 Makefile
b. Kernel 2.6の場合
cp Makefile.6 Makefile
make all
7) インストール
a. mkdir -p /etc/Wireless
b. mkdir -p /etc/Wireless/RT73STA
c. cp rt73.bin /etc/Wireless/RT73STA
d. dos2unix rt73sta.dat
e. cp rt73sta.dat /etc/Wireless/RT73STA
f. Kernel 2.4の場合
cp rt73.o /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/usb/
Kernel 2.6の場合
cp rt73.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/usb/net/
g. depmod -ae

2.利用方法
1) Kernel 2.4系
a. insmod rt73.o
b. ifconfig rausb0 xxx.xxx.xxx.xxx
c. iwconfig rausb0
2) Kernel 2.6系
a. insmod rt73.ko
b. ifconfig rausb0 xxx.xxx.xxx.xxx
c. iwconfig rausb0

3) 無線LANの設定方法
無線LANのSSID等を設定するには、2種類の方法があります。
a. iwconfigを使う方法
他の無線LANと同様にiwconfigにて設定します。
b. 起動時に設定する方法
/etc/Wireless/RT73STA/rt73sta.dat内に定義されています。
[vi -b rt73sta.dat]にて編集可能です。
詳しくはREADMEを参照してください。
NetworkType=Infra|AdHoc
SSID=
AuthMode=WEPAUTO|OPEN|SHARED|WPAPSK|WPA2PSK|WPANONE
EncryptType=NONE|WEP|TKIP|AES

CG-WLUSB2GS(Atheros AR5523) Vendor ID:0x7aa , Device ID:0x31
0) Common
a. FTP DownLoad
http://ndiswrapper.sourceforge.net/
http://sourceforge.net/projects/ndiswrapper/
b. Driver Download
http://corega.jp/support/download/wl_adp.htm#wlusb2gs
c. tar
tar xvfz ndiswrapper-1.7.tar.gz
d. Windows Driver
netCgGSU.inf(oem6.inf) , CGU2GS.sys , ar5523.bin

1) Vine 3.2
Kernel 2.4のため動作せず

2) Fedora core 4(hotplug)
a. Kernel Configの設定変更
cd /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.15/linux-2.6.15
make {config|xconfig|gconfig}
[kernel hacking]の[CONFIG_4KSTACKS]をoff
その後、このconfigにてKernelを再構築します。
make modules
make
make modules_install
cp arch/i386/boot/bzImage /boot
mv /boot/System.map /boot/System.org
もしくは
rm /boot/System.map
cp System.map /boot
cd /boot/grub
vi grub.conf
上記で追加したKernelを設定
Ex:
title Fedora Core (WLAN)
root (hd0,0)
kernel=/bzImage ro root=LABEL=/ rhgt quiet
initrd=/initrd-2.6.15-1.1833.FC4.img
[grub-install /dev/hda]にてインストール
* /dev/hdaはお使いになっているLinux PCの環境に合わせてください。
b. cd ndiswrapper-1.9
c. make
d. make install
h. mkdir /etc/wdev
i. cp netCgU2GS.inf /etc/wdev/
cp CGU2GS.sys /etc/wdev/
cp ar5523.bin /lib/firmware
j. USBを接続し、[ndiswrapper -l]にて[hardware present]となるか確認
k. ndiswrapperに登録
ndiswrapper -i /etc/wdev/CgU2AG.inf
l. 登録確認
ndiswrapper -l
m. Module 化処理
ndiswrapper -m
n. Wireless LANの設定
iwconfig wlan0
iwconfig wlan0 eiisd "xxxx"
o. Networkの設定
ifconfig wlan0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev wlan0

3) Turbo Linux 10(murasaki)
標準のndiswrapperを利用
認識せず -> Kernel の USB Driverが古いためsymbolが見えず

4) Plamo
Kernel 2.4のためサポートされておらず
ndiswrapper Driverコンパイル不可

CG-WLUSB2GTST(Intersil ISL3887)
0) Common
a. FTP DownLoad
http://ndiswrapper.sourceforge.net/
http://sourceforge.net/projects/ndiswrapper/
b. Driver Download
http://corega.jp/support/download/wl_adp.htm#wlusb2gs
c. tar
tar xvfz ndiswrapper-1.10.tar.gz
d. Windows Driver
cgwlusb2.inf , cgwlusb2.sys

1) Vine 3.2
Kernel 2.4のためサポートされておらず
ndiswrapperでも動作せず

2) Fedora Core 4(hotplug)
a. Kernel Configの設定変更
cd /usr/src/redhat/BUILD/kernel-2.6.15/linux-2.6.15
make {config|xconfig|gconfig}
[kernel hacking]の[CONFIG_4KSTACKS]をoff
その後、このconfigにてKernelを再構築します。
make modules
make
make modules_install
cp arch/i386/boot/bzImage /boot
mv /boot/System.map /boot/System.org
もしくは
rm /boot/System.map
cp System.map /boot
cd /boot/grub
vi grub.conf
上記で追加したKernelを設定
Ex:
title Fedora Core (WLAN)
root (hd0,0)
kernel=/bzImage ro root=LABEL=/ rhgt quiet
initrd=/initrd-2.6.15-1.1833.FC4.img
[grub-install /dev/hda]にてインストール
* /dev/hdaはお使いになっているLinux PCの環境に合わせてください。
b. cd ndiswrapper-1.9
c. make
d. make install
h. mkdir /etc/wdev
i. cp cgwlusb2.inf /etc/wdev
cp cgwlusb2.sys /etc/wdev/
j. USBを接続し、[ndiswrapper -l]にて[hardware present]となるか確認
k. ndiswrapperに登録
ndiswrapper -i /etc/wdev/CgU2AG.inf
l. 登録確認
ndiswrapper -l
m. Module 化処理
ndiswrapper -m
n. Wireless LANの設定
iwconfig wlan0
iwconfig wlan0 eiisd "xxxx"
o. Networkの設定
ifconfig wlan0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev wlan0

3) Turbo Linux 10(murasaki)
標準Kernelにndiswrapperが入っています。
a. WLUSB2GTSTのWindows用Driverを入手
cgwlusb2.inf と cgwlusb2.sys が必要です。
b. mkdir /etc/wdev
c. [a.]で入手したものをコピー
cp cgwlusb* /etc/wdev
d. ndiswrapperにDriverを登録
ndiswrapper -i /etc/wdev/cgwlusb2.inf
e. ndiswrapper -lにて確認
f. ndiswrapper -m
g. modprobe ndiswrapper
h. Wireless LANの設定
iwconfig wlan0
iwconfig wlan0 essid "xxxx"
i. Networkの設定
ifconfig wlan0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev wlan0

4) Plamo
Kernel 2.4のためサポートされておらず
ndiswrapper Driverコンパイル不可
CG-LAPCIGTR(RTL8169S-32-LF)
1) Vine 3.1
* Kernel 2.4.31-0vl1.12
a) Kernel-sources , kernel-headersをインストールしていること
インストールしていない場合は、apt-get等でインストール
Ex: apt-get update
apt-get install kernel-sources kernel-headers
b) RTL8169用ドライバを入手
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloads.aspx
にて、RTL8169をキーワード検索し、Unix(Linux)用の
Linux driver for kernel 2.4.x and 2.6.x
から入手する。(2006.07.21現在 r1000-linux(103).zipが最新)
c) 入手した[r1000-linux(103).zip]を解凍する。
unzip r1000-linux(103).zip
d)解凍後、r1000というディレクトリ配下に展開されるので、その
ディレクトリ配下でコンパイルする。
この時は必ずroot権限で実行すること
cd r1000
make clean modules
e) 完成したドライバをインストールする。
make install
depmod -ae
f) マシンを再起動する
g) 起動j時に自動認識されます。
h) ネットワークの設定を行います。

2) Turbo Linux 10
* kernel 2.6.0-24
カードを挿入することで、自動認識します。
ドライバはr8169が使われます。

3) Plamo 4.03
Kernel 2.4.31
r1000のドライバは使わずに、Kernel標準のr8169にて認識
a) PCIカードを挿入
b) ifconfig eth1 xxx.xxx.xxx.xxx
c) route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx
d) /etc/resolv.confにDNSを設定
* r1000のドライバを利用するとKernel Panicするため、利用してはいけない

4) RedHat 9.0
kernel 2.4.20
r1000のドライバは使わずに、Kernel標準のr8169にて認識
a) PCIカードを挿入
b) kudzuにて自動識別
c) netcfgにて設定
e) /etc/resolv.confにDNSを設定
* r1000のドライバを利用するとKernel Panicするため、利用してはいけない

5) Fedora Core 4
Kernel 2.6.17
r1000のドライバは使わずに、Kernel標準のr8169にて認識
a) PCIカード挿入
b) kudzoにて自動認識
c) netconfig等でネットワーク設定
CG-WLPCI54GL
0) Common
a. FTP Download
http://sourceforge.net/projects/rt2400
CVSよりダウンロード
下記ファイルを提供します。
b. tar xvfx rt2x00-cvs-current.tar.gz
c. cd rt2400/sourcert2500/Module
d. make KERNELPATH=xxxxxx
Fedora : /usr/src/kernel/2.6.15-1.1833_FC4
Etc : /usr/src/linux
e. make install
depmod -ae
f. cd ../Utility
g. qmake -o Makefile raconfig2500.pro
h. make
i. cp RaConfig2500 /usr/local/bin
1) Vine 3.2
a. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
b. RaConfig2500
c. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

2) Fedora Core 4
a. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx
b. RaConfig2500
c. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

3) Turbo Linux 10
* Driverのコンパイルが不正になり、modprobeできない場合があります。

a. Wireless LANの設定
modprobe rt2500
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
b. Networkの設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0

4) Plamo
* Utilityをコンパイルする際、qmakeは、/usr/lib/qt/bin/qmake
となります。
* qtのライブラリは/usr/lib/qt/libですので、/etc/ld.so.conf内に
登録されていない場合は登録してください。
* UtilityのRaConfig2500を使えなくても動作します。
* modprobe rt2500にて起動することも可能です。
a. Wireless LAN設定
iwconfig ra0
iwconfig ra0 essid "xxxx"
b. RaConfig2500
c. Network設定
ifconfig ra0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ra0
CG-WLPCI54AG2
0) Common
a. FTP Download
http://snapshots.madwifi.org/
b. tarで展開
tar xvfz madwifi-ng-current.tar.gz
c. su -
d. make
e. make install

1) Vine 3.2
a. Moduleのロード
modprobe ath_pci
もしくは
/etc/modules.confに以下を追加
alias ath0 ath_pci
PCの再起動
b. Wireless LAN の設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

2) Fedora Core 4
a. Moduleのロード
modprobe ath_pci
もしくは
/etc/modules.confに以下を追加
alias ath0 ath_pci
PCの再起動
b. Wireless LAN の設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

3) Turbo Linux 10
a. madwifiは標準で提供されている。
但し、追加CD上の無線LAN対応モジュールをインストールする必要があ
る。(kernel-extramodules-2.6.0-24)

a. Moduleのロード
modprobe ath_pci
もしくは
/etc/modules.confに以下を追加
alias ath0 ath_pci
PCの再起動
b. Wireless LAN の設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0

4) Plamo
a. Moduleのロード
modprobe ath_pci
もしくは
/etc/modules.confに以下を追加
alias ath0 ath_pci
PCの再起動
b. Wireless LANの設定
iwconfig ath0
iwconfig ath0 essid "xxxxx"
c. Networkの設定
ifconfig ath0 xxx.xxx.xxx.xxx
route add default gw xxx.xxx.xxx.xxx dev ath0
PC-UNIX対応リストへ
過去の動作確認情報はこちら
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ