サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 会社案内 コレガダイレクトショッピング
 ●会社案内  ●会社概要  ●会社拠点案内  ●環境保全活動  ●ニュースリリース
HOME会社案内ニュースリリース > 複数のパソコンから、さまざまなUSB機器をLANで共有できるネットワークUSBハブ「CG-NUH01」「CG-NUH04」2機種を同時発売!!〜プリンタ、スキャナ、ハードディスクなど幅広いUSB機器を有効活用〜
News Release
2009/04/22
複数のパソコンから、さまざまなUSB機器をLANで共有できる
ネットワークUSBハブ「CG-NUH01」「CG-NUH04」2機種を同時発売!!
〜プリンタ、スキャナ、ハードディスクなど幅広いUSB機器を有効活用〜
CG-NUH01 CG-NUH04
CG-NUH01 CG-NUH04

商品名 標準価格 発売日 製品写真
CG-NUH01 5,565円(税抜5,300円)
2009年4月下旬発売予定 CG-NUH01 製品写真
CG-NUH04 7,875円(税抜7,500円) 2009年4月下旬発売予定 CG-NUH04 製品写真
 株式会社コレガ(本社 横浜市、代表取締役社長 加藤 彰)は、さまざまなUSB機器をネットワーク上で共有できるネットワークUSBハブ「CG-NUH01」「CG-NUH04」の2機種を4月下旬より同時発売いたします。

CG-NUH01は、1台のUSB機器(USBハブを使用すれば最大4台まで)をLANで共有でき、CG-NUH04は、最大4台までのUSB機器をLANで共有できる「ネットワークUSBハブ」です。

通常、USB機器は1台のPCでしか使えず、複数台のPCがあるときには、USBケーブルをつなぎ替えたり、PCの台数に合わせてUSB機器を用意したりする必要がありました。しかし、本商品を使うことで、プリンタ、スキャナ、ハードディスク、フラッシュメモリ、CD/DVDドライブなどのUSB機器がネットワークで共有できるようになり、USBケーブルをつなぎ替える手間やPCの台数が増えるたびにUSB機器を追加していたコストも同時に抑えることができます。特にメインPCとミニノートPC(UMPC)など複数台のPCをお使いの方に最適です。

また、USB機器を接続した本商品と無線LANブロードバンドルータを接続することで、離れた部屋からでもプリンタやハードディスクなどをワイヤレスで共有できるようになり、利便性がさらに向上して大変便利です。

◆主な特長

さまざまなUSB機器をネットワーク上で共有可能
複数のパソコンでプリンタ、スキャナ、ハードディスク、フラッシュメモリ、CD/DVDドライブなどのUSB接続機器をネットワーク上で共有できます。

ユーティリティソフトで、ネットワーク設定とUSB機器の管理が可能
ネットワークの難しい知識が無くてもネットワーク設定からUSB機器の接続状態の確認と切断までを管理できる専用ユーティリティソフトが付属しています。
双方向通信でプリンタの状態確認も可能
双方向通信に対応しているので、プリンタに付属されたユーティリティを利用し、インク残量、用紙切れなど、離れた場所からプリンタの状況を確認できます。
100BASE-TX/10BASE-Tネットワークに対応
USB2.0対応

【CG-NUH01】
■商品概要 http://corega.jp/prod/nuh01/
■商品画像 http://corega.jp/prod/nuh01/photo.htm

【CG-NUH04】
■商品概要 http://corega.jp/prod/nuh04/
■商品画像 http://corega.jp/prod/nuh04/photo.htm
*本内容は発表時のもので、仕様、価格等が変更になる場合があります。
*記載の会社名・商品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ