サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 会社案内 コレガダイレクトショッピング
 ●会社案内  ●会社概要  ●会社拠点案内  ●環境保全活動  ●ニュースリリース
HOME会社案内ニュースリリース > 環境への取り組み 新たにRoHS指令に準拠した8ポートスイッチングHUBを新発売
News Release
2006/07/14
環境への取り組み
       新たにRoHS指令に準拠した8ポートスイッチングHUBを新発売 
CG-SW08TXR
CG-SW08TXR
製品名 CG-SW08TXR
標準価格 4,200円(税抜4,000円)
リリース日 2006年7月中旬予定
   
 株式会社コレガ(本社 横浜市、代表取締役社長 加藤彰)は、RoHS指令に準拠した、スイッチングHUB「CG-SW08TXR」を発表します。

  本製品は、RoHS指令に準拠した、100BASE-TX/10BASE-Tスイッチングポートを8ポート装備したスイッチングHUBです。AUTO MDI/MDI-X機能、オートネゴシエーション機能といった十分な機能を備えています。筐体には放熱性に優れたメタルケースを採用、電源部には日本メーカ製電解コンデンサを採用し、電源ケーブルはアンチトラッキング加工処理が施された2極電源ケーブルを付属、高い信頼性と環境への取り組みを第一に考えた製品です。
  コレガでは、今後も順次RoHS指令やグリーン購入に準拠する製品を販売し、環境を考えた製品づくりを進めてまいります。

環境への取り組み
http://corega.jp/company/green/

 RoHS指令とは、Restriction on Hazardous Substances(特定物質使用禁止指令)の略。2006年7月以降からEU(欧州連合)で販売する電気・電子機器を対象としてEC95条に規制された6物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB(ポリ臭化ビフェニール)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル))の使用を制限し、人の健康や環境負荷を最小限に抑えることを目的とする。
◆主な特長
【CG-SW08TXR】
RoHS指令に準拠
ACアダプタを使用しない電源内蔵型
(電源ケーブルはアンチトラッキング加工処理が施された2極電源ケーブルを付属しています。)
RJ-45ポートは全ポート背面に配置
(ケーブルが邪魔にならずに取り回すことができます。)
ストレート/クロスを自動的に判別・切替を行うAuto MDI/MDI-Xに全ポート対応
オートネゴシエーション機能に全ポート対応
(全ポートが100Mbps/10Mbps、Full Duplex/Half Duplexの自動認識に対応しています。100Mbps/10Mbps混在環境においても導入が容易になっています。)
静音/高耐久のファンレス設計
日本メーカ製電解コンデンサ採用
(電源部に日本メーカ製電解コンデンサを採用し、高い信頼性を実現しています。)
■製品仕様■
・CG-SW08TXR:http://corega.jp/prod/sw08txr/
*本ニュースリリースの内容は発表時のもので、仕様・価格等が変更になる場合がございますので、ご了承下さい。
*記載の会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ