サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内 コレガダイレクトショッピング
  ●ニュースリリース ●動作検証表  ●最新OS対応情報  ●導入ナビゲーション
HOME商品情報導入ナビゲーション > HUBとスイッチングHUBの違い
 
HUBとスイッチングHUBの違い
HUBとスイッチングHUBは、複数のパソコンをLAN接続する際の、ケーブルの集線・中継装置という使用方法は同じですが、通信速度などの機能が異なります。
スイッチングHUBはHUBと比べて次の特長を持っています。
 1.100BASE-TX,全二重通信、オートネゴシエーション対応
 2.データを送る必要のあるポートのみに送り、ネットワーク負荷低減
1.100BASE-TX,全二重通信、オートネゴシエーション対応
 100M(100BASE-TX)と10M(10BASE-T)の違い

一般に使われているLAN環境では「100BASE-TX」と「10BASE-T」いう2種類の通信速度があります。(最近では1000BASE-Tという、さらに速い通信速度も登場してますが、一般に使われるのはもう少し先のようです)
従来は10BASE-Tが主流でしたが、ここ最近は理論値で、その10倍の速度を誇る100BASE-TXが主流になりつつあります。インターネットなどだけに使うのであれば10BASE-Tでも十分ですが、他のパソコンやサーバなどと大きなデータのやりとりをしたり、ネットワークプリンタを使ったりする環境であれば価格的にも大差のない100BASE-TX対応のLANアダプタやスイッチングHUBを使って高速のネットワークを構築することをおすすめします。なお、100BASE-TX対応の機器は10BASE-Tにも対応しますので、互換性も心配ありません。
全二重通信(Full Duplex)と半二重通信(Half Duplex)
全二重通信とはデータのやりとりをする機器同士(例えばLANアダプタとスイッチングHUB)がお互い同時に通信できることを指します。逆に同時に通信できず、一度にどちらからかしか通信ができないことを半二重通信といいます。
すなわち双方向同時に通信ができる全二重通信に対応すると、理論上、半二重通信の2倍の転送速度が出るということです。現在販売されている100BASE-TX対応機器は、ほぼすべてが全二重通信に対応しています。
オートネゴシエーション
100BASE-TXと全二重通信が使えると、理論上200Mbpsという、とても高速通信が可能です。ただし、これらの機能は通信する機器お互いが対応してなければなりません。どちらかが対応していないと、100BASE-TX→10BASE-T 全二重通信→半二重通信といった具合に遅いほうの規格に合わせて動作します。接続されたお互いの機器が100BASE-TXや全二重通信に対応しているかどうかは、対応している機器同士が接続時に自動的に調べてくれます。これをオートネゴシエーション機能と呼びます。

2.データを送る必要のあるポートのみに送り、ネットワーク負荷を低減

複数のパソコンをLANで接続する際にHUB(ハブ)を使用します。しかしHUBは送る必要のあるポート以外のすべてのポートにもデータを送ってしまいます。これが重なると、必要以上のデータが送られ、ネットワーク上にデータの混雑を引き起こしてしまい、通信速度を低下させる原因となります。
スイッチングHUBは送られてきたデータの目的地がどこかを自動的に認識し、データを送る必要のあるポートのみに送るので、無駄なデータを発生させずに円滑なネットワークを構築することができます。
1つのポートから入ったパケットは、全てのポートに通信されるので、複数のポート間の同時通信ができません。 データの行き先を確認し、転送に必要なポートのみを直接結ぶので、同時通信が可能になります。
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ