サイトマップ
サイトマップ
商品情報 サポート情報 サービス情報 法人のお客様 事業案内 コレガダイレクトショッピング
  ●ニュースリリース ●動作検証表  ●最新OS対応情報  ●導入ナビゲーション
HOME商品情報導入ナビゲーション > 5GHz帯世界共通チャンネルへ 「国際標準802.11a」


■ 新5GHz対応 国際標準802.11a
 
  無線LANは、昨今の急速な普及により、利便性を高めるため総務省令の改正がおこなわれました。従来の802.11a規格5.15〜5.25GHz帯の4チャンネルに加え、新たに5.25〜5.35GHz帯の4チャンネルを追加した合計8チャンネルの国際標準規格へと移行いたします。コレガの無線LANは、会社内、ご家庭内はもちろんのこと、屋外でのご利用や公衆無線スポットサービスの拡大等、皆様にとってより身近なものとなります。また、皆様にとってよりご利用しやすい環境のご提案と最新技術のご提供等を強くサポートしてまいります。
 
※参考資料:「5GHz帯無線LANの周波数変更」に関するガイドライン制定について(社団法人電子情報技術産業協会)

■ 国際標準新802.11aの特徴
(1) 利用チャンネルの拡大

従来の802.11aで使用していた4チャンネルは10MHzずれた日本独自のものでしたが、2005年5月に施行された電波法改正により、国際標準と同じ割り当てに変更されます。

また、従来の5.15〜5.25GHz帯の4チャンネルに加えて、新たに5.25〜5.35GHz帯の4チャンネルが追加され、合計8チャンネルを利用できるようになります。チャンネル数が拡大されることにより、これまでより広い周波数帯域を利用できることから、電波干渉の少ない通信が可能になります。
 
(2) 従来11a製品/新11a製品 利用の注意点
2005年5月に施行された電波法改正以降は、3つのタイプのチャンネル(J52/W52/W53)が混在することになります。従来11a製品と国際標準新11a製品とでは、使用するチャンネルのタイプが異なるため通信できない組み合わせが存在するなどの問題があり、機器の使用には確認が必要になります。 詳細は次ページ以降でご案内いたします。
タイプ チャンネル 説明
J52(5.2GHz) 34ch/38ch/42ch/46ch 従来の11aのチャンネル
※10MHzずれた日本独自の5.2GHz帯4チャンネル
W52(5.2GHz) 36ch/40ch/44ch/48ch 国際標準の11a/5.2GHz帯4チャンネル
W53(5.3GHz) 52ch/56ch/60ch/64ch 国際標準の11a/5.3GHz帯4チャンネル
 

⇒ 国際標準802.11aへの対応 ⇒ Q&A集
 
サイトの利用について プライバシーポリシー お問い合わせ